エステの普及

足ツボマッサージ

エステサロンは、美容を高めるための店舗で、1970年代頃から都心部を中心に、店舗数が増えてきました。エステサロンは民間療法の機関ですので、医療行為は禁止されています。そのため当時は、手技療法による施術が中心でした。 1980年代から1990年代にかけては、エステサロンで施術を受ける人が増加しました。人気のあるエステサロンは、女性誌などで紹介されるようになりました。当時の手技療法による施術は、マッサージが中心でした。 2000年代になると、従来のマッサージの手法に改良が加えられ、リンパマッサージを行う店舗が増えました。リンパの流れを促進することにより、期待できる効果がアップしました。最近では、アロマオイルを使用した、アロママッサージも盛んに行われています。

最近のエステサロンのマッサージは、精油を使用した、アロマオイルリンパマッサージが主流になっています。美容や健康の促進だけでなく、リラクゼーションの効果も期待できることが、普及の要因になっています。今後もアロマオイルリンパマッサージは、盛んに行われることが予測されます。 最近は、深筋圧オールハンドのマッサージを行うエステサロンが増えています。器具等を使わずに、ボディの深筋に圧を加えるため、慢性的なコリをほぐすことができます。今後もエステサロンでは、オールハンドによるマッサージが主流になると予測されます。 一部のエステサロンでは、ホットストーンマッサージが行われています。遠赤外線による温熱効果も得られるため、ホットストーンマッサージを行う店舗は、今後も増加すると予測されます。